看護師になるには〜費用比較〜社会人の人向け【実体験】安く済ませたい方へ

今回は看護師になる為にはいくらかかる?

どうやったら安く資格を取得できるかを基準にまとめました。

私自身プロフィールにもありますが、

社会人(美容師経験)を経て看護師へとなりました。

私が肌で感じた

額面だけで見ると気づけない大きなポイント

もあります。

そこについても、一通りの学費を紹介した後に触れていきたいと思います。

これから看護師になる方や看護師を目指している子供の親御様、

社会人を経て看護師になろうと思う方には必見です!!

学費比較(個人調査の為、多少の誤差はございます)

学校種別 年数、取得資格 学費総額
准看護学校 2年、准看護師 約100万円
高等看護学校 2、3年、正看護師 約200万円(准看護師資格取得者のみ)
大学(私立) 4年、正看 約450万〜1000万円
大学(国公立) 4年、正看 約250万〜350万円
短大(私立) 3年、正看 約400万〜500万円
短大(国公立) 3年、正看 約250万円
専門(私立) 3年、正看 約250〜350万円
専門(国公立) 3年、正看 約60万円

ずらっとこんな感じでしょうか。

基本的な学費の内訳としては

・入学金

・授業料

・施設・設備費

・実験実習費

の4つで構成されており、入学金は初年度のみですがそれ以降は卒業まで払います。

まず、私立の看護大学 高っ!!となりますね〜

いくら大卒という箔がつくとはいえ高いです。

逆に、えっそれは安くない?というところも見えてきましたよね。

看護師になる為にできるだけお金を安く済ませたい

まずそんな方は

国公立の看護専門学校

探すことをお勧めします。

地域によっては他の県立の看護学校と比較するとあまり安くないところもありますが

それでも安い!!安すぎる!!

大卒という箔を除くとすれば

200万円〜下手すれば600万円以上

費用を削減できます。

ちなみに一番安い県立の看護専門学校は、

石川県立総合看護専門学校で

学費はなんと年間72000円

12で割ると月々6000円です。笑

これに関しては群を抜いて安いです。

私自身も調べてみて驚きました。

単身で行って家賃を考えたとしても安いですよね。

それじゃ、倍率も高いんじゃないか?

そう思いますよね。

なので調べましたが、

上記の学校の倍率は

2019年度で倍率1.78でした。

もっと高いかと思っていたのですが

そんなに高くない!

大卒とか別に気にしていない!

って方にはオススメです!

そしてこの学校は社会人の方も多いようですので

社会人を経て看護師を目指す方にも

良いんじゃないでしょうか。

これは推測ですが他の県立の看護学校にも少なからず社会人を経て

入学する方もいるんじゃないでしょうか。

私自身もこれを知っていれば進む進路変わっていたかもしれません。笑

それほど安いと感じました。

なので国公立の看護専門学校はオススメです!

大学卒業のメリット

次に大卒のメリットを紹介いたします。

現在の日本の状況では大卒と専門卒においては

給料が年間6万円〜12万円程度高く

専門卒よりも高待遇で働ける場所が多いです。

そして、これは不確かですが

大きければ大きい病院ほど大卒の方が出世しやすい?

これに関しては、本当かどうかわからないレベルです。

私の勤務している病院では決してそんなことありません。

そして、大学病院には大卒が多いイメージがあります。

優秀な大学病院に関しては国公立の看護大学出身者が

ほとんどじゃないでしょうか。

これに関しては個人的なイメージです。

不確かですが、実際多いと思います。

なので、有名な大学病院に勤めたい!

そんな方は付属の大学に進学することをお勧めします。

そういったところがメリットではないでしょうか。

しかし

あまりにも学費の高いところに進学すると

回収にとても大変です。

それだけは押さえておく必要があります。

1つ勘違いしては行けないポイント

があります。

それは

働いている看護師間で

あの子は大卒だから…あの子は専門卒だから…

といったことは

全く気にしていませんし、全くありません!

お局の愚痴程度ではあるかもしれませんが、気にする必要はありません。

なのでそういうので考慮することは一切ないということです。

社会人から看護師をお考えの方へ

上記で述べたようにまず、安く看護師資格を取得したいのであれば、

国公立の看護専門学校がオススメです。

しかし、学生の間、収入はアルバイト程度で

現在のコロナ渦では、ほぼ無収入となり得るでしょう。

今更、社会人にもなってまっさらの学生はちょっと、、、

そう思う方もいらっしゃいますよね。

私自身がそうでした。

そこで私のオススメは

准看護学校を経て高等専門学校に通うという方法

です。

その方法で行くと

表の2つを合わせるから合計300万円かかりますよね。

それじゃ全国と比べても安い部類には入らないんじゃないか?

と思うかもしれません。

しかし!

この道では、実際に病院などに勤務しながら通う方がほとんどです。

何故なら定時制であり、全日制度じゃないところが多いです。

その為、

収入を得ながら資格取得ができる。

これが最大のメリットです。

臨床の経験により知識がつくのもメリットです。

そして准看護師資格(2年)を取得後、働きながら高等専門学校に行くとなると、准看護師資格を持っていますから、病院での業務内容も学生ということで考慮されることはありますが、基本的には正看護師の方と何も変わりません!

正社員として雇用して頂ける病院が多いです。

ちなみに、私自身は働きながら資格を取得できる”定時制”を利用し、

准看を経てから正看護師というような道に進んだのですが、

上記の表のように合計300万円かかりました。

しかし、

奨学金というものを一切借りずに

ほぼ毎月自腹で

乗り切ることができました。

デメリットももちろん説明します。

それは正看護師取得までに5年かかるということです。

ですが、実際に私は、この道を通りましたが働きながら給料をもらえていたこともあり、あまりデメリットとして感じなかったです。

もう一つのデメリットとしては

働く病院にもよりますが、仕事・病院

双方ともに勉強しなきゃいけないタイミングが重なると

とにかく大変でした。笑

この2つです

このシステムで資格を取得するメリットは

他にもございます。

職業訓練校などといった名目で、ハローワーク等で返済免除の給付金をもらえることもできます。これに関しては逆に社会人を二年以上経験しているからこそ使える給付金などもあったりします。※地域によって差異はあるかと思います。

私の県の場合だと二年以上社会人を経験していると職業訓練給付金として

学費の50%を給付して頂ける制度がありました。

こういった制度を利用することで卒業後、何の借金もなく次へ進めます!

看護奨学金という便利な落とし穴

奨学金というのはよく耳にしますよね。

第一種、第二種奨学金というのは主に無利息か利息有かの違いで返還義務有。

一般の大学で使用されていることですので、ここでは割愛させていただきます。

看護師には看護奨学金制度というものがあります。

それを簡単にまとめると

病院A:卒業後うちの病院に勤めてくれるならお金貸すよ〜

卒業後○年働けば貸した額は免除になるよ〜

というようなシステムです。

私は卒業後、絶対ここで働く!

という確固たる意思があるのであれば

これは使うに越したことはありません。

むしろ使う他の選択肢はないです!

しかし、これにもしっかり落とし穴があります。

それは

もし卒業後その病院に行かないとなると

病院A:じゃあ借りた分一括で返済してくださいね〜(数百万)

となることがあります。

学校で看護を学んで行くと

必然と近隣病院の噂など耳にします。

そして自身でググったりもします。

自分のやりたいことは何か?

どういう病院に勤めたいか?

というのは

学生での経験や情報を通して

変わってくるものです。

それは優秀であれば優秀であるほど

そう感じると思います。

その時に看護奨学金というものがあると、

身動き取れません。

働いていてもあと何年いなきゃならない…

という精神的にもダメージを負います。

恐らくそう思って働いている方,

全国にたくさんいると思います。

なので、できることなら借りないで資格を取得することが

ベストなんじゃないでしょうか?

と私は考えます。

まとめ

以上のように看護師資格取得方法についてまとめましたが、

これは家賃など全て免除して考えています。

もし、社会人をしていて、

看護師資格を取得したいという意思があるのであれば、

まずは近隣の学校でいくらかかるのか?

を調べることから

始めることをお勧めいたします!

お金の問題を解決しないと進めないものです。

そして、後は一歩踏み出す勇気だけです。

それはすごく勇気のいる一歩ですが、

私は応援しています!!!

私自身、美容師から看護師へ転職しましたが、まわりの反対はとてつもないものでした。

「お前に看護とかできるん。笑」そんなことまで言われていたのを覚えています。

でも、できました。

そして、両方の資格を持っているからこそ、これからどう生きるかという選択肢は

多くなりました。

今となっては同じ境遇の人でコミュニティを作りたいとまで考えています!

なので、一歩踏み出してみることは

すごく良いことだと思います。

ぜひ頑張ってください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる